10万円以下で買ったレノボThinkPad L520購入レポートとセットアップ・リカバリーディスクの作成

レノボThinkPad L520購入レポート

レノボジャパンのネットショップで買った、レノボThinkPadL520。

今まで使っていたレノボIdea Pad Y550は、モニターでいただいたものなので、自分で買うのはこれが初めて。

10万円以下でノートパソコンが買えるなんて、本当に安くなったよね。

さて、届いたレノボThinkPadL520!

よく考えると、とにかく10万円以下と思って買ったので、デザインのことは全然考えていませんでした・・・。

届いたレノボThinkPad L520を見て思ったのは・・・

悪く言ってしまえば味も素っ気もないんだけど、でも、その分、無骨でシャイな有言実行的な風格を漂わせたマシンですな。

webカメラつけました

前使っていたIdea Pad Y550には、webカメラがついていて、顔認証VeriFaceがついていて便利だったんだけど、L520には標準ではついてないのが、残念。

悔しいので、webカメラだけはつけてみた。

というか、ライブ配信もよく見るので、そのうち双方向で何かあるんじゃないか的な予想も含めて。

Think Pad L520 のキーボードのタッチ

Think Pad L520のキーボードのタッチは、今まで使っていたY550よりやや重い感じ。

いや、重いというか、反発力があるというか。

わたし的には、Y550のキータッチの感じの方が好きだけど、まあ、それはおいおい慣れるでしょう。

そして、赤いボタン、これをちょっと使ってみたかったんだ。

後でじっくり使ってみる。

Think Pad L520のセットアップ

早速、右上にある電源を投入し、セットアップを開始!

ウィンドウズ7が立ち上がり、

なんか、チェックしてまっせ。

まずは、Windows 7 Professionalのセットアップ。

毎回ひっかかるのが、キーボードレイアウト。

日本語にしたらいいのか、MicrosoftIMEにしたらいいのか?

悩んだ末に、前回のレビュー記事を見て、デフォルトのMicrosoftIMEで特に問題なかったよね、ということで、デフォルトのままに。

こういうときにレビュー記事を書いておけば、結構役に立つ。

パスワードを設定し、同意事項に同意し。

コンピューターの保護とWindowsの機能の向上は、うーんもう推奨設定で行っとけみたいな。

日付と時刻を設定し、

ワイヤレスネットワークの設定。

Windows7、設定処理中。

あれ?もう設定終わったの?

というくらい、結構、最初のセットアップは拍子抜けするくらい簡単だった。

便利になったなあ。

ちなみに、ワイヤレスランのスイッチは右側。

リカバリーディスクの作成

さて、レノボには、リカバリーディスクがついていないので、何をするより先にリカバリーディスクを作らないといけない。

と言いつつ、カスペルスキーを入れたところで、あ、リカバリーディスク作ってないし、と慌てて作ってみたり。

リカバリーディスクを作るには、まずすべてのプログラムの中にあるLenovo ThinkVantage Toolsを起動する。

起動したら、右側の上から4つ目に、Factory Recovery Diskという項目があるので、それを選択して、指示に従っていけばOK!

書き込み可能なDVDが何枚か必要なので、あらかじめ準備しておくこと。

ちなみに、管理人は間違えて、一番上の「拡張されたバックアップと復元」という方をやってしまい、途中でやめ方がわからず、えんえんと数時間をムダにしてしまった・・・・

賢明なる読者の方はそんなドジは踏まないと思うけど、ご注意を。

さて、次はどんどんソフトをインストールしていきますよ!

続く >>>

タイトルとURLをコピーしました